寒い季節も害虫対策が必要

冬は害虫にとって、とても厳しい季節です。

害虫は春から夏にかけて増加して害虫駆除も春から夏に行うことが多く、冬は野外ではあまり見かけることはありません。
しかし、害虫がいなくなることはなく、季節の移り変わりによって発生する種類や場所、状況が異なります。
春から夏にかけて繁殖する害虫の多くは冬の寒さから逃れるために落ち葉の下や土の中など、雨風にさらされず比較的暖かい場所に隠れています。

人間の住みやすい環境は害虫の住みやすい環境でもあり、住宅にも様々な害虫が暖かさを求めて侵入し繁殖することもあります。
冬に行う害虫駆除で、来年の害虫の発生を抑えることができる可能性もあります。

冬は害虫の生息は減少し外から侵入する害虫もすくないため、室内での害虫駆除を徹底的に行うことで発生量を抑えることもできます。

●住宅に害虫が増えている原因

害虫は家に発生するわけではなく、居心地がいいと判断し条件がいい生息環境であると繁殖します。

・住宅の快適化
床、壁、天井などに断熱材を使用した高気密高断熱住宅が増えてきました。
高気密高断熱住宅は外の空気と家の中の空気が交じり合わない造りのため冬でも非常に暖く、空調の設備も整っているため冬の家の中は寒さをしのぐには絶好の環境になっています。

・健康志向
建材に含まれる有害な物質などが減少してきたことにより、害虫にも安全になっています。

・宅地開発
田んぼや畑、山や林を宅地開発をすると、もともと住んでいた虫たちが侵入してきます。

・材木の乾燥不足
建築の工期が短期間になり、住宅に使用される木材や基礎コンクリートなどの建材が十分に乾燥できず、湿気が多い状態になってしまいます。

・ライフスタイルの変化
日中不在で多く室内を閉め切った状態にすることが多く、住宅に湿気がこもりやすい状態になり虫の住みやすい環境となります。

●害虫対策のポイント

害虫が発生して繁殖してしまっては、被害から逃れることはできません。
発生後の駆除は大変で正しい方法で駆除を行わない場合は全滅させることは不可能ですが、冬の駆除は発見さえすれば簡単に行うこともできます。

・日頃の対策
日頃から害虫が住みやすい環境の住宅にしないことが重要、掃除などにも注意が必要です

・早期発見
害虫が住みつく前に早めの対処が大切です

・早期駆除
発見したらすぐに退治が重要、被害が拡大する前に正しい駆除法で行う必要があります

広島のハウスメンテナンス、暮らしのお手伝いはハウスドクターまで!

お問い合わせ・見積もりは無料です。お一人で悩まず、どうぞお気軽にお問い合わせください。

電話 0800-111-9559(24時間365日受付)

サービス内容の紹介

  1. エアコンクリーニング エアコンを分解して、内部にこびり…
  2. 空き家の管理・活用 空き家管理サービス 空き家を…
  3. ハウスクリーニング 浴室掃除をはじめ、キッチン掃除、換…
  4. 害虫の駆除 長年の実績による安全な薬品を使用して、確実…
  5. 遺品整理 遺品整理とは、「亡くなった方の持ち物だった、…
  6. 建物のメンテナンス・リフォーム 家のトラブルが発生した…