ワンダフルメモリー活動とは

2016-10-08-09-54-34-2

ワンダフルメモリーとは、広島のハウスドクターで行っている社会貢献活動に対する取り組みのことです。

遺品整理やゴミ屋敷の片付けで出る不用品。これらの中にはまだ利用価値のある品物も多くあります。

これらの利用価値のある品物を、地元広島の老人福祉施設や障害者福祉施設などの社会福祉施設と連携し、ご依頼者様からの了承を得て代理で寄付や寄贈をさせて頂いております。

故人様が愛用され大切にされていたご遺品や、不用品の片付けで処分される品物の中から、まだ利用できる品物を必要な方にお届けするお手伝いです。

私達の「もったいない」という思いから始まったこの活動は関わられる全ての方に喜んで頂いております。

遺品整理のご利用者さまからは「品物を誰かのために役立ててもらうことができるのでうれしい」との声を多く頂きます。

また不用品片付けサービスのご利用者さまは、寄付させて頂いた品物に処分費がかからないため作業費用を抑えることができます。

ご寄付を要望された方には、ご希望に応じて必要なものをお届け。

多くの方にメリットがある形で地域社会のお役に立たせて頂いていると実感できるこの取り組みを、私達ハウスドクターは志の高い方たちと広げていきたいと思っています。

寄付の形の一例

老人ホーム関連施設

地元広島の老人ホーム、老人デイサービスセンター、老人福祉センター、老人介護支援センターなどの社会福祉施設と連携し、シルバーカー・車いす・ポータブルトイレ・未使用の大人用おむつなどを寄付させて頂いています。

子供支援関連施設

地元広島の幼稚園・保育園・児童館・児童養護施設・小児科病院などに、本・絵本・おもちゃ・ぬいぐるみ・子供用衣類・文房具、アニメDVDなどを寄付させて頂いています。

障害者支援施設

地元広島の障害児入所施設、障害者支援施設、身体障害者福祉センターなどに車いす・DVD・衣類・空気清浄器・扇風機、ダイニングテーブルと椅子のセットなどを寄付させて頂いています。

寄付には気持ちの整理をつける効果が

遺品、不用品を寄付することで「もう一度誰かの役に立ててもらえることができるのなら…」と気持ちの整理をつける効果があると言われています。

遺品整理の場合

亡くなられた方をいつまでも悲しんでばかりいるのではなく、どこかで気持ちの整理をつけることも大切です。

ご遺品を寄付される際「父や母が使用していた品物をまた誰かに使ってもらうことができる。そう思うと心が楽になります。」と言われる方も多く、誰かのために役に立つことができることに、ご遺族の心を和らげる効果もあります。

深い悲しみを乗越えて再出発するために、ご遺品を寄付することで気持ちの整理が早くできるケースも多いようです。

ゴミ屋敷片付けの場合

ゴミ屋敷になってしまう理由は、整理整頓や片付けることができない、物に執着心が強く捨てることができない、もしもの時に備えて物をため込んでしまうなど様々ですが、“捨てるのがもったいない”という思いもその一つです。

値段が高いものなのでもったいない、まだ使えるのにもったいないと思われる場合は、寄付をされることで使えるものを捨ててしまうという罪悪感を持つことはなく、気持ちも部屋も整理することができます。

捨てずに活かす「リユース」という考え方とは?

リユースとは品物をそのままの形で繰り返し使うことや再利用すること。限りある資源を大切に使用し廃棄物を減らすことで自然環境への負担を抑えるための取り組みの一つです。

遺品整理や引っ越しなどで出る不用品は処分するという方法が一般的ですが、まだ使用することができる品物も多くあります。

皆さまにとっては不用品でも、他の誰かにとっては必要なものです。まだ使用することができる品物は、捨てるのではなく活かしましょう。

遺品整理や不用品処分で回収した物の中には“車いす”“介護ベッド”“ベッドマットレス”“リクライニング式車椅子”“シャワーチェアー”“吸引器”“タオル”“食器”“本・雑誌”“衣類”家電”“おもちゃ”などリユースできるものや再利用可能なもの

がたくさんあります。

まだ使える物の再利用は地球全体のエネルギーの消費や排出物を抑えることができます。ハウスドクターではワンダフルメモリー活動を通し、ゴミの削減・資源の有効活用を促進し、社会に貢献したいと考えています。

リサイクルは環境保護にも貢献

地球規模での環境保護へ向けた意識や高まり、CO2削減・自然環境保護・生物多様性維持などが強く求められている今、その環境保護の取り組みの一つにリサイクルがあります。

リサイクルとは物を捨てるのではなく分別して収集し再利用すること、主な目的はごみを減らして資源の節約につなげていくことです。

ハウスドクターでは今まで単に捨てられていた不用品や廃棄物を再資源化することで、問題となっている環境問題に対して少しでも力になることができるようにと考えています。

遺品整理や片付けなどで出る再販や寄付が不可能な不用品や廃棄物を皆さまからお預かりして、リサイクル率の向上を目指して出来る限り分別化を行い、リサイクル資源として処分場・施設・企業に運搬。

雑誌などの古紙類は再び紙の原料となります。(主にトイレットペーパーの原料に生まれ変わるそうです。)

OA機器や・家電リサイクル法に適さない電化製品・鉄クズなどは、マテリアルリサイクルで原材料として再利用。

地球環境への負担軽減、限りある資源を大切にして再生資源として循環させていくためにの3R(リデュース=ごみの発生を減らす、リユース=繰り返し使う・再利用する、リサイクル=資源として再び利用する)の推進による循環型社会への小さな一歩として環境

保護に取り組んでいます。

リサイクルを行うことで循環型社会への推進のため地球環境への影響負担を軽減させ、限りある資源を大切にして資源と環境を考え、地球環境の保全と人の安全に配慮。

不用品を廃棄ではなく最大限にリサイクルしゴミや温室効果ガスの排気量を減らすことにより、社会に貢献したいと考えています。

サービス内容の紹介

  1. エアコンクリーニング エアコンを分解して、内部にこびり…
  2. 空き家の管理・活用 空き家管理サービス 空き家を…
  3. ハウスクリーニング 浴室掃除をはじめ、キッチン掃除、換…
  4. 害虫の駆除 長年の実績による安全な薬品を使用して、確実…
  5. 遺品整理 遺品整理とは、「亡くなった方の持ち物だった、…
  6. 建物のメンテナンス・リフォーム 家のトラブルが発生した…